So-net無料ブログ作成
検索選択
音楽ネタ ブログトップ
前の10件 | -

CokeZERO iTunesダウンロード [音楽ネタ]

7/31までのキャンペーン


“10秒に1人アタル”の意味がわからん。



チャレンジのあと・・・(コーラ飲みすぎ)
ディスプレイの横に貼ってる黄色いシールが今回のキャンペーン分です。

前回のは全プレだったんですが、今回のは確率かなり悪いです。
だいたい3~4割かなぁ。

日付変わってすぐのほうが当たってるような気がしてます。



といいながらも・・・

下記の楽曲はこのキャンペーンでDLしました。

アルバム名:光の指す方へ/蕾
アーティスト名:JiLL-Decoy association

ジルデコの最新シングル
なんか今までと感じ違いますが、コレも良いです。

アルバム名:Eagle
アーティスト名:浜田麻里

配信限定シングル第1弾。結構重いギターリフのロック・ナンバー。

アルバム名:Wish
アーティスト名:浜田麻里

配信限定シングル第2弾。麻里さん真骨頂!珠玉のバラード。

2曲共にギターはマイケル・ランドゥー。。
作詞:浜田麻里、作曲:大槻啓之&浜田麻里
90年代の一番好きな時期のラインアップです。

My Tears - 浜田麻里



大阪城ホールで生歌聴いて思わず涙した曲です。

特典CD「TEARS & SMILES」 [音楽ネタ]

昨年末と今年初めに買ったJoseph Williamsのカバーアルバム
Tears」と「Smiles」の特典CDがようやく届きました。
(当初2月下旬⇒4月初旬に延期⇒5月中旬に延期・・・)


う~ん、3枚ともチープなジャケ。(OKOK)

【収録曲】
  1. Walk Between The Raindrops
  2. Don't Know Why
  3. Wonderful Tonight - Live Radio Version
  4. A Whiter Shade Of Pale - Live Radio Version
  5. Message From Joseph Williams



中面にメッセージが・・・

今年ニューアルバムをリリースするそうです。
TOTOのメンバーも参加ということで、VERTIGOみたいなサウンドが期待できそうな気がします。

ダサいジャケット(-_-; [音楽ネタ]

『PS-LX300USB』、超買う気でいます。
で、アナログ盤漁ってたらこんなトホホなジャケのレコードが。


''BEST 4 YOU/JOURNEY''

1985年リリースの日本企画盤です。
1,200えんで4曲入り。45回転で12インチなのでLPはもちろん、7インチのシングル盤よりも音が良いそうです。

このレコードは余裕のあるダイナミック・レンジ、高S/N比を得るため、一般のレコードより高いレベルでカッティングされております。このため再生機によっては、トレース能力を越え「歪」「針とび」を起すおそれがあります。ご試用になる前に「針先点検」「針圧調整」を充分に行って下さい。

こんな注釈まで書いてやがります。


それにしても・・・このキリヌキ。
もうちょっとなんとかならなかったのか。


収録曲。とりたてて珍しくもないです。
  1. Separate Ways
  2. Who's Crying Now
  3. Any Way You Want It
  4. Faithfully



オマケ。「Be Good To yourself」の12インチ盤。(先行シングル)
こっちは「Raised On Radio」のジャケ流用。

当時、新作待てずに輸入盤に手を出してしまいました。
こっちはオリジナルアルバム未収録の「Only The Young」がうれしかったかな。
B級青春映画「Vision Quest」の挿入曲。


収録曲。
  1. Be Good To Yourself
  2. Only The Young
  3. Any Way You Want It
  4. Stone In Love
  5. Separate Ways

LYRICSFREAK [音楽ネタ]

洋楽で対訳がないとき、LYRICSFREAKで検索したりします。

しかし、あまりマトモには訳してくれません。

      ・
      ・
      ・


薄いリジーの『献呈』。 名曲です。

Thin Lizzy - Dedication





LYRICSFREAKの対訳はコチラ

この曲が収録されたCD持ってますが、日本盤のくせに対訳ありません。
asin:B000E8M1UK

ばかにして愛するために [音楽ネタ]

懲りずに続編。
Last.fmで聴いた曲500曲のチャートの一部。
面白くなかったらゴメンナサイ。<(_ _)>



赤ちゃん鉱山・・・彼女鉱山・・・
  • ※mine - 1.私のもの、2.鉱山


原子子猫 - 永遠の炎



私達は終了の原因として愛好家

ホワイトスネイク - ばかにして愛するために



ジェフ・ベック、そそっかしい。

警察 - ごとに息を取る



エリッククラプトン、午前さま。

UFOの - 私だけロックすることができます



旅、手遅れ。 弱々しい栄養不良の子供。(パンクなのに・・・)

サソリ - 大都会の夜

掘り出し物 [音楽ネタ]

大阪日本橋のJOSHINディスクピア。
ここに行って、買おうと思っていたCDが店頭になかったことはありません。

新品半額のアウトレットコーナーもあるし、陳列はHR/HMコーナーやプログレコーナーなどジャンルもわかりやすいので◎。


で、今日は7枚買っちゃいました。

 定価(AOR系)
 ワゴンセール(HR/HM系)
 アウトレット(J-POP、産業ロック系)
 中古(HR系)

定価で買ったのがこの1枚。
先日に引き続き、ジョセフ・ウィリアムス。
asin:B000WHH9DW
  1. Against All Odds
  2. Don't Let Me Be Lonely Tonight
  3. Sorry Seems To Be The Hardest
  4. A Whiter Shade Of Pale
  5. Track Of My Tears
  6. All In Love Is Fair
  7. Everytime You Go Away
  8. Always On My Mind
  9. All By Myself
  10. Tears In Heaven
  11. She
  12. My Immortal


例によって、ピアノバラードのカバー集。これまた選曲が僕的には◎。
仕事中でも落ち着いて聴けます。(家で仕事しませんが

ワゴンセールのHR系のうち1枚はようやく見つけたVON GROOVEの1st。
残りの2枚はコンピ盤。
2枚ともレーベルは''Frontiers Records''です。(ワクワク

プレイログ、何曲聴いた? [音楽ネタ]

昨年12月の機能変更からでしょうか?
再生履歴が逆カウントになりましたよね。

ということは今までログUPした曲数がわからないじゃん。。。

でも、面倒くさいことをすれば判ります。

僕のは''75821曲''でした。(1/2 14:00現在)

クリックで拡大



そのアドレスがコレ。

URLの“数字×10”が再生曲数になります。

記念すべき1曲目は聖子ちゃんでしたね。
(一昨年の5/26。忘れてた)



で、この「BITTER SWEET LOLLIPOPS」。映像ありました。

BITTER SWEET LOLLIPOPS - 松田聖子




今から15年前、1983リリースの「Canary」のオープニング曲です。
70'sアイドルポップス調でしょうか。

今年最後の・・・ [音楽ネタ]

今届きました。


DVD2枚。


ジェイ・グレイドン・オール・スターズライヴ・イン・ジャパン
1994.1.19 エアプレイ・フォー・ザ・プラネット[限定盤]


初回限定盤でCD2枚付


''PLAIN PINK/PINK CLOUD''(DVD2枚組)
84年と85年のライブ。一番いい時期かも。
(これも予約すれば、CD付だった・・・

結局DVD3枚とCD2枚。今年最後の買い物
正月はコレをじっくり観る予定。


・・・こんなことしてる場合ぢゃない。


部屋、全然片付かず・・・

男の子たちが町に戻って [音楽ネタ]

面白くなかったらゴメンナサイ。<(_ _)>



''「なんじゃこりゃ?」''とお思いでしょうが・・・

コレは僕のLast.fmにログを上げた曲単位での順位です。

細いリジー - 男の子たちが町に戻って

「男の子たちが町に戻って」。いい感じです。
シンデレラぼろ」はトホホですが。
ちなみに“文字”は''Char''なんですヨ。



ベルベットリボルバー - 秋を粉々に砕く

20位の「崩壊後」は「After The Fall」、31位の「電源」ってのは「The Power」という曲。



顔 - ララオーッ!

アリソンクラウス、行方不明に・・・

ジャパニーズプログレッシブロック [音楽ネタ]

友人の誘いでひさしぶりにライブに行ってきました。

『PROGRESSIVE LEGEND Vol.1』

''Starless''

結成は1984年で、何回かメンバーが入れ替わって今は第4期だそうです。
バンド名はたぶんKCのアレが由来でしょう。

“ジャパニーズプログレ”ってどんなの?って思ってましたが、このStarlessは、僕が思うにややHM寄りかな?

確かにイントロが長かったり、各パートの見せ場が長かったり(ヴォーカルが結構いなくなる)しますが、曲はかなりメロディアス。
80年代半ばの浜田麻里みたいな感じかな?

Starless - Change

ギターに注目して聴いてましたが、結構フラッシーな早弾きもあり、アコースティック(超クラシカル!)もありで結構楽しめました。
ゴツい人なので流麗に弾くというよりは“ゴリゴリ”と弾く感じですね。
asin:B000KEGCTY
最新アルバムジャケットはFFの天野喜孝氏だそうです。


''GERARD''

続くバンドはGERARD。名前は聞いたことあったのですが音は初めて聴きました。
このバンドは''Starless''に対して“ギターレス”です。

とはいえ、ベースにかなりドライブがかかっていてメインのメロはもちろん、タッピングでキーボードとハモるなど、全然退屈しませんでした。
ほとんどの曲はトリプレッツでしたね。

最後には「21st Century Schizoid Man」(だと思う)を演ってました。

ギターレスということでELP的なものを想像してましたが、ほぼハードロックでしたね。
例えるならDEEP PURPLEの「Child In Time」とか「Made In Japan」での長~い間奏みたいな感じです。

GERARD - Empty Lie, Empty Dream

やっぱライブはいいです。普段聴かないジャンルも生で聴くと結構◎。


GERARD、アンコールではサンタさんになって出てきました。

今日になって気づきましたが、GERARDのキーボード永川さんって、EARTHSHAKERのメンバー(AFTERSHOCK以降)でしたね。
前の10件 | - 音楽ネタ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。